1-109

菅谷規矩雄「宮沢賢治論」現代詩手帖、第33巻、思潮社、90年4月、128137

 「銀河鉄道の夜」におけるジョバンニとカムパネルラに触れつつその「二人」の意味するアリュージョン(引喩)を分析している。本論文は『詩とメーロス』(思潮社、9010月)に収録されている〔→43〕(萩原)

作品索引:「銀河鉄道の夜」