1-125

武田共治「宮沢賢治とその時代―昭和初期の岩手県の農業恐慌をめぐって―」弘前・宮沢賢治研究会誌、第7号、弘前・宮沢賢治研究会、9012月、95104

 宮沢賢治が生きた時代の岩手県農村の実態を、農業統計等に拠りつつ、社会・経済学的に分析。農業恐慌とともに、地主自体も窮乏化し、国家による農村の組織化が始まる時期であったという。賢治の農村文化運動の、社会・経済的基盤を明らかにしている。(杉浦)

事項索引:小作、地主、農村、羅須地人協会