1-192

江裴倩「宮沢賢治の自然観―原始的自然観を中心に―」日本文芸論叢、第8号、東北大学文学部国文学研究室、90年3月、6773

 意識的な自然観に対して、「無意識的に作品に滲み出ている」と思われる賢治の「原始的自然観」について、適宜作品に触れつつ概観する。(栗原)

事項索引:自然観