1-300-1

武良竜彦『三日月銀次郎が行く』新潮社、90年7月、375頁、文庫版

 「ポラーノの広場」を下敷きに「エレキ猫」たちや宮沢賢治先生の活躍する創作ファンタジー。