1-38

青山和憲「「銀河鉄道の夜」私解(中)」弘前・宮沢賢治研究会誌、第7号、弘前・宮沢賢治研究会、9012月、130147

 「銀河鉄道の夜」三次稿四次稿の推敲過程を整理して三次稿は、特にカムパネルラの自立と、その内面、ジョバンニとの相違を明確化する意図で推敲されたことを指摘。四次稿は冒頭ではジョバンニの人物像の再構築、末尾部への伏線を置くとともに、、ジョバンニの「周辺的な状況」の補訂、カンパネルラとの関係の変化に重点が置かれ、末尾部では、恩愛の代表としての、カンパネルラの父の登場に重点が置かれて推敲されたと指摘した。利他の理念への覚醒等の重要な変化の指摘もあるが、結論は次稿に続くだろう。(杉浦)

作品索引:「銀河鉄道の夜」「銀河鉄道の夜 三次稿」「銀河鉄道の夜 四次稿」

事項索引:万人の幸福、利他