1-61

小野隆「「銀河鉄道の夜」論」専修国文、第47号、専修大学国語国文学会、90年9月、1―24

 “最終稿”〔筆者はこの語を用いる〕を綿密に読み通した作品論である。最後の第八章において、「ジョバンニの不幸あるいは孤独からの脱出」というタイトルの示すように、逃避から幸福に向かって積極的に向かおうとするまでのジョバンニの銀河鉄道の旅の意味を読み通したものである。(萩原)

作品索引:「銀河鉄道の夜」