1-84

木佐敬久「宮沢賢治とシベリア出兵 1氷河鼠の毛皮」天秤宮、創刊号、発行者宮内洋子、90年1月、3588

 童話「氷河鼠の毛皮」が「シベリア出兵の寓話」であることを、当時の尼港事件や、盛岡からの出兵の事実、賢治の徴兵検査等の状況との関連と、作品自体の詳細な分析から立証している。“シベリア出兵”はこの作品のたんなる時代背景ではなく、作品の中心主題であり、核心そのものであるという。〔本誌本号に再録〕(天沢)

作品索引:「家長制度」「注文の多い料理店」「日輪と太市」「氷河鼠の毛皮」「冬のスケッチ」

事項索引:熊、シベリア出兵、戦争、ベーリング