1-87

菊池忠二「農耕生活の経済的基礎について」賢治研究、第53号、宮沢賢治研究会、9011月、2641

 「羅須地人協会時代」の宮沢賢治の自炊農耕生活の経済的基礎を、当時の諸物価、協会員、近親者等に基づいて収支を推定し、きわめてアンバランスに支出が多かったことを推測して、彼の「農村活動」が理想に傾き、経済的な基礎からも挫折せざるを得ない要素をもっていたことを論じた。(杉浦)

事項索引:経済基盤、羅須地人協会