2-118

鈴木健司「「度十公園林」覚え書き」賢治研究、第55号、宮沢賢治研究会、917月、8―12

 「虔十公園林」に「《他者》とのコミュニケイションの不可能性の前に立ち尽くすく《単独者》虔十」という構図を見出した上で、賢治は「「みぢめ」でありながら「本統はみぢめではない」姿」である理想的人間像として虔十を造形したとした。(杉浦)

作品索引:「虔十公園林」

事項索引:虔十