2-156

古澤由子「「〔わたくしどもは〕」の謎」賢治研究、第56号、宮沢賢治研究会、9111月、58

 「〔わたくしどもは〕」を「人に「喪失感」を自覚させ寂しさへと誘う」詩として読解する。(杉浦)

作品索引:〔わたくしどもは〕