2-179

龍門寺文蔵『「雨二モマケズ」の根本思想』大蔵出版、918月、198頁、20cm

 全七章から成るが、直接賢治を論じているのは、第一章の「『雨ニモマケズ』の根本思想」、第二章の「『銀河鉄道の夜』とは何か」、第三章の「宮沢賢治の遺言『法華経』」、第四章の「『雨ニモマケズ手帳』の未解明箇所」である。各章とも賢治における「国柱会」の影響を重視する立場から新説を提出している。(鈴木)

作品索引:〔雨ニモマケズ〕「銀河鉄道の夜」