2-200

天沢退二郎「注解・解説」『新編宮沢賢治詩集』新潮社、917月、382420

 本文は基本的には「新修宮沢賢治全集」によるが、「永訣の朝」「境内」「生徒諸君に寄せる」は別にすることも試みられ、「注解」には、語注の域をこえた、詩人の「発想・動機」を示唆するものも含まれる。「解説」冒頭は「宮沢賢治は生前ほとんど無名」という定式化された説明への批評からはじめられるというような問題提起も行われている。(栗原)