2-376

長野隆「近代詩研究瞥見―宮沢賢治研究の流行―」文学・語学、第131号、桜楓社、919月、4445

 多くが「宮沢賢治を読む(=研究する)ことが、ついにそれを読みおおせぬことの肯定すべき告白(=研究)と堕した現状」にあるとして、賢治「研究」のあり方への警鐘を鳴らそうとした研究展望。(栗原)

事項索引:研究展望