2-59

井上ひさし「賢治の祈り」『ちくま日本文学全集宮沢賢治』筑摩書房、91年3月、458464

 賢治の詩や童話は「お経」=「祈り」そのものであるとし、賢治の伝記を引きつつ「どうか人びとが明るく生きて行くことができますように」という賢治の「祈り」について述べる。(安藤)