2-64

板谷栄城『宮沢賢治の宝石箱』朝日新聞社、91年9月、330頁、15cm(朝日文庫)

 『賢治博物誌』(れんが書房新社、79年9月刊、板谷英紀署名)の文庫化。「文庫化に当たり大幅に加筆した。」として、「U賢治植物園」では「ヒバリ」「クスサン」を除き、「マツ」「スギ」「ヒノキ」「イトスギ」「アヤメ」「ダリア」「キャベツ」「トマト」「ルーサー・バーバンク」「イネ」「ポプラ」「サルトリイバラ」を加え、「V賢治実験室」では「グリーン・フラッシュ」「網」「「空」の「ひゞ」と「病い」」を除き、全体的に文章に手を入れている。吉田直哉「巻末エッセー最もユニークな水先案内人」を添える。(栗原)