2-7

『長岡輝子、宮沢賢治を読む 第8巻・よだかの星』長岡輝子 朗読、草思社、91年4月、63頁、19cm(CD付き)、箱・帯、2800

「虔十公園林」「よだかの星」「十六日」

斎藤文一「よだかが星になることの意味について」5363

尾高惇忠(作曲)、繁枡百合子・倉田澄子・小泉宏・尾高惇忠(演奏)、柚木沙弥郎(装画・題字)、長岡宏(写真)、菊池信義(装丁)