2-90-516

菅原弘士『宮沢賢治の子ども像・思いの動揺と作品への反映』私家版(講談社出版サービスセンター製作)904月、101頁、19p

 賢治の生涯の歩みや「生活教育の推進」などを略述した上で、童話にあらわれた子ども像の例を抄出し、賢治が「大人とは別のより真実を解するものとしての子ども」観をもっていたことを述べている。(栗原)

事項索引:オーエン(ロバート・)、教育、子ども像、童話