ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞

WEB版オリジナル記事
組織
お問い合わせ
フクロウ

ホーム
> 第4回国際研究大会


平成28年8月27‐29日に盛況のうちに開催されました。
 
イーハトーブは今どこにあるのか
 
 宮沢賢治の作品は、すでに世界十数か国語・民族語に翻訳され、その精神と事績の紹介はますます世界各地へと拡がりを見せています。先の東日本大震災に際しては、被災地日本への励ましのひとつとして、賢治が手帳に書き残した「雨ニモマケズ」が世界のさまざまな場所で取り上げられました。
 昨年2015年には宮沢賢治記念館がリニューアルオープンされ、本年2016年は宮沢賢治生誕120年の年にあたりますので、宮沢賢治の精神を世界のさらに多くの人びととともに探究し、発信するために、国内外の愛好者、研究者による記念講演、研究発表等の機会を設けることに致しました。

 
メイン・テーマ設定の趣旨
 

 童話集『注文の多い料理店』の広告ちらしのひとつには、「イーハトヴ」(=イーハトーブ)は「一つの地名である」、「強て、その地点を求むるならばそれは、大小クラウスたちの耕してゐた、野原や、少女アリスが辿つた鏡の国と同じ世界の中、テパーンタール砂漠の遙かな北東、イヴン王国の遠い東と考へられる。」として、作品に描かれたような状景で著者の心象中に実在した「ドリームランドとしての日本岩手県」であると記されています。すなわち、イーハトーブとは、国境や民族を越えて通いあう何らかの働きによって、共に生きることができるところを名指したものといえましょう。宮沢賢治の銀河にまで拡がり、また人間を越えて生きる全ての生命におよぶ視線の下にもイーハトーブは見出されているのかもしれません。
 早くに高村光太郎は「コスモスの所持者」として、「内にコスモスを持つ者は世界の何処の辺遠に居ても常に一地方的の存在から脱する」と語り、それを賢治のイーハトーブと重ねていましたが、今また改めてイーハトーブの意味を問い返すことが求められている時なのではないでしょうか。メイン・テーマ「イーハトーブは今どこにあるのか」を掲げるゆえんです。 

上向き矢印
 
 
 アーサー・ビナード (詩人・翻訳家)

 1967年、ミシガン州生まれ。子どものころから父親とたびたび渓流釣りに出かけ、川と湖の生き物に魅せられる。高校時代に文学を志して詩を書き出し、ニューヨーク州のコルゲート大学に進んで英米文学を学ぶ。卒業と同時に来日、日本語でも詩作を始める。2001年、第一詩集『釣り上げては』(思潮社)が中原中也賞に選ばれる。2007年に『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、2013年に『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。翻訳絵本にエリック・カールの『ホットケーキのできあがり!』『プレッツェルのはじまり』(ともに偕成社)、ドン・フリーマンの『ダンデライオン』(福音館書店)、ジョニー・ダドルの『かいぞくゴックン』(ポプラ社)『雨ニモマケズ Rain Won't 』(今人舎)などがある。
 
 平田 オリザ (劇作家・演出家)

 1962年東京都生まれ。国際基督教大学(ICU)教養学部に入学。在学中に劇団「青年団」を結成し、戯曲と演出を担当。卒業後、こまばアゴラ劇場の経営者となる。日本各地の学校において対話劇を実践するなど、演劇の手法を取り入れた教育プログラムの開発にも力を注ぐ。2002年度から採用された国語教科書に掲載されている自身のワークショップの方法論は、多くの子どもたちが教室で演劇をつくるきっかけとなった。代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三部作など。現代口語演劇理論の提唱者であり、自然な会話とやりとりで進行していく「静かな演劇」の作劇術を定着させた。戯曲集のほか『現代口語演劇のために』など理論的な著書も多い。現在、東京藝術大学アートイノベーションセンター特任教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐、京都文教大学臨床心理学部客員教授、大阪大学コミュニケーションデザインセンター客員教授、首都大学東京客員教授、シューレ大学アドバイザー、日本劇作家協会理事を務める。
 上向き矢印
 

大会期間中のおおまかな予定をお知らせいたします。
詳細は決まり次第、随時お知らせする予定です。


 
平成28年8月27日(土)

なはんプラザ

オープニング
 主催者あいさつ、歓迎の言葉、祝辞 午後1時より
記念講演
 
アーサー・ビナード (詩人・翻訳家)
平田 オリザ (劇作家・演出家) 
午後1時30分より 
アトラクション
 
郷土芸能(原体剣舞)、多国語による朗読 など 午後4時30分より 
レセプション
 
  午後6時30分より 
 平成28年8月28日(日)
なはんプラザグランシェール花巻
研究発表(午後の部)  ●蔡 宜靜(台湾)
●ディーパック・ビスワス(インド)
●アスィエ・サベル(イラン)
●木村順子(宮城県)
●顧錦芬(台湾)
●曲揚(中国)
●陳瀅如(台湾)
●鄭阿楠(中国)
●ヘレン・キルパトリック(オーストラリア)
●プラット・アブラハム・ジョージ(インド)
●木村直弘(岩手県)
●朴鍾振(韓国)
●報告
「被災地の今・陸前高田より報告」
 大須賀匠(東京都)
コメンテーター
 佐藤竜一・栗原敦
シンポジウム

・パネリスト
佐々木・ボグナ・アグネシカ(ポーランド)
ホイト・ロング(アメリカ)
岡村 民夫

・司会
  山本 昭彦

閉会式    シンポジウム終了後

 平成28年8月29日(月)
花巻市内


エクスカーション 
  (半日コース)
花巻市内
賢治ゆかりの地をバスでめぐる。
午前中でめぐるコース 
お昼頃に花巻駅・新花巻駅で解散 
エクスカーション
  (全日コース)
 
花巻市内
賢治ゆかりの地をバスでめぐる。 
全日でめぐるコース 
夕方頃に花巻駅・新花巻駅で解散 

上向き矢印
    宮沢賢治学会イーハトーブセンター/宮沢賢治イーハトーブ館
 〒025-0014 岩手県花巻市高松1-1-1
  TEL 0198-31-2116
  FAX 0198-31-2132

  MAIL kenji.info@kenji.gr.jp
  上向き矢印  このページのトップへ