ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞

WEB版オリジナル記事
組織
お問い合わせ
フクロウ
ホーム > セミナーのご案内
 
2017年春季セミナー
羅須地人協会とその時代


とだい    
―外臺の夢―
 羅須地人協会の建物のあった場所(桜町)には、現在、詩碑が建立されその前が広場となっています。四方が木立に囲まれた広場で9月には賢治祭も行われますのでどなたもご存じでしょう。当時、賢治が不在にしていた時には、入口の黒板に「下ノ畑ニ居リマス」などと書かれ、来客への心配りが忍ばれます。さて、実際に「下ノ畑」まで行こうとすると、川沿いまでには案外の距離があることを知ります。現在、この周辺は大規模な農地改良の工事中で往時の気配はなくなっています。
 詩人・童話作家である宮沢賢治は、農業の実践者としても知られます。しかし、賢治が農学校教師職を振って身を投げた農業実践の日々は自身の予告のとおり「暗くけはしいみち」(詩「告別」)を歩み、羅須地人協会の時代は二年半ほどのものでした。
 賢治の活躍した時代から、あるいはその後の「賢治研究」の時を経て時代や農業は大きく変わりました。共通であった常識も徐々に新しいものに置き換えられます。われわれはその軌跡を幾分でも正しく把握することは出来るでしょうか。「羅須地人協会の時代」は様々な要素が複雑にからみあって不明な部分も少なくありません。これを、一つ一つほぐし、研究者、愛好者のみならず広く一般向けにも提示出来ればと思います。
 賢治活躍の舞台は、下の畑のあった「外臺」という北上川べりの広大な原です。これらの場所を背景として作品が生まれる必然を見いだし、副題に「―外臺の夢―」と添えました。
(企画委員会)
             
期 日 2017年3月25日(土)・26日(日)
会 場 宮沢賢治イーハトーブ館ホール 他
定 員 200名
受講料 無料(会員以外の方は資料代として300円)
主 催 宮沢賢治学会イーハトーブセンター
     
     
第1日
―外臺の夢―其の一 講演(宮沢賢治イーハトーブセンター)
3月25日(土) 13:30~
            
開会挨拶 富山英俊(宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事)
講演       
1 板垣 寛(石鳥谷町)
 宮沢賢治から指導を受けた石鳥谷の農民たち
2 大島丈志(立教大学准教授)
 銀毛ウサギの秘密――養兎(ようと)と言う農業
3 栗原 敦(実践女子大学教授・前代表理事)
 羅須地人協会の時代―労働農民党のことなど―
懇親会 17:15~18:45 山猫軒 1,500円
 
第2日
―外臺の夢―其の二 エクスカーション
桜町4丁目公民館・詩碑広場(羅須地人協会跡)・「下ノ畑」周辺(外臺)を巡ります。
3月26日(日) 8:40集合(花巻駅前広場) 9:00出発 12:00解散(花巻駅・新花巻駅) 
  
お話
1 伊藤 孝(羅須地人協会員伊藤清氏ご子息)
2 豊沢川土地改良区(予定)
3 岩手県農林水産部県産米戦略室(予定)
   
昼食 「イーハトーブのオリザ食べ比べ弁当」要予約
 「陸羽132号」、岩手県産ブランド米「銀河のしずく」他
 (※お弁当は冷えた状態で提供されます。)
 
 交通費及び食費 バス代1,000円+昼食の弁当代1,000円 合計2,000円
   
申し込みフォーム  (※エクスカーション参加及び弁当には事前の申込が必要です。
 定員は40名です。また、エクスカーションと弁当はセットとなり
 別々の対応はありません。)
  
 
 近年のセミナー一覧
年度  セミナー名 期日 会場 内容
2015 企画展・加藤昌男「百八賢治曼陀羅蔵書票展」賛助公演
舘野泉イーハトーブコンサート「KENJI…宮澤賢治によせる」
2015年6月28日(日) 宮沢賢治イーハトーブ館 コンサート
夏季特設セミナー
テーマ:「心象スケッチを知っていますか?」
コーディネーター:吉田 文憲
1日目 2015年7月25日(土)
2日目 2015年7月26日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・シンポジウム・アトラクション
春季セミナー
宮沢賢治学会春季セミナー2016in東京
心象スケッチから少年小説へ
コーディネーター:平澤 信一
2016年3月20日(日) 大妻女子大学本館E棟055教室 講演・討議
2014 宮沢賢治セミナー「宮沢賢治in気仙」
1日目 2014年6月14日(土)
2日目 2014年6月15日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館
陸前高田市 ほか
講演・バスツアー
夏季特設セミナー
テーマ:「宮沢賢治記念館、その設立の原点に学ぶ」
1日目 2014年8月2日(土)
2日目 2014年8月3日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・宮沢賢治記念館見学
春季セミナー
「イーハトーブは忘れない「私たち」の東日本大震災」
2015年3月7日(土) 宮沢賢治イーハトーブ館 映画上映・講演・岩崎鬼剣舞上演
2013 セミナー「宮沢賢治と北三陸」 1日目 2013年6月29日(土)
2日目 2013年6月30日(日)
国民宿舎えぼし荘(野田村) 講演・アトラクション・実地研修
夏季特設セミナー
「銀河鉄道の夜」とは何か -新たな出発に向けて-
2013年8月3日(土) 宮沢賢治イーハトーブ館 討議・講演・研究発表
冬季セミナー
宮沢賢治はいまどこにいる -サブカルチャーにおける受容と展開-
2014年2月22日(土) 大妻女子大学A棟150教室 発表・シンポジウム
2012 夏季特設セミナー
賢治短歌の謎と魅力
1日目 2012年7月28日(土)
2日目 2012年7月29日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・短歌・筝曲コンサート
宮沢賢治学会・四季派学会合同研究会 2012年12月15日(土) 大妻女子大学A棟 研究発表・講演
冬季セミナー
「宮沢賢治と映画」
コーディネーター:岡村 民夫
2013年2月16日(土) 大妻女子大学A棟 講演・パネルディスカッション
2011 春季・夏季合同セミナー
「賢治短歌を盛岡にみる」
1日目 2011年6月11日(土)
2日目 2011年6月12日(日)
盛岡市観光交流センター  おでってホール 盛岡市内見学・講演・合唱・シンポジウム
冬季セミナー
「宮沢賢治からのメッセージ」
2011年12月4日(日) 立川女性総合センター・アイム 講演・シンポジウム・特別公演
2012年2月18日(土) 仙台文学館 公演・舞台朗読・パネルディスカッション
 
 
 
 
 宮沢賢治生誕120年記念 宮沢賢治学会福山セミナー2016
  ことばと絵が出会うところ -宮沢賢治における文学と視覚表現-
26日 13:30~17:00

基調トーク
 宮沢和樹氏に聞く賢治と絵の話
 -祖父・宮沢清六から聞いた話
         宮沢 和樹
研究発表
 秦野 一宏
 秋枝 美保
 平澤 信一
 押野 武志

27日 9:30~12:30

基調講演
 まど・みちおの絵画と詩
 -無意識の基層から現れるもの-
          谷 悦子
パネルディスカッション
 視覚表現と言語表現との関係について考えるとは?
  阿部 純
  李 豪哲
  安田 暁
  津口 在五
 
画像をクリックすると、PDFファイルをダウンロードすることができます。
2016年11月26日(土)-27日(日)
福山大学宮地茂記念館9Fホール(福山駅北口)
問い合わせ:福山大学人間文化学部青木研究室内 084-936-2111 
 
 
 宮沢賢治学会地方セミナーin神戸
  宮沢賢治と音楽 -いちめんに降りそそぐ億千の光の征矢-
12:00 開場 13:00開会
講演「宮沢賢治の歌曲をめぐって」
 講師 浜垣誠司(精神科医)
講演 宮沢賢治の音楽
    「ゴーシュに託した賢治の夢」
 講師 佐藤泰平(立教女子学院短期大学名誉教授)
ピアノ演奏
 出演 林晶彦(ピアニスト・作曲家)
 朗読
 パイプオルガン演奏
16:45 閉会
 
画像をクリックすると、PDFファイルをダウンロードすることができます。
2016年12月23日(金・祝)
甲南女子大学芦原講堂(神戸市東灘区)
 
 地方セミナー開催要項

  【提案理由】

  宮沢賢治学会イーハトーブセンターは、その「設立趣意書」に「賢治の人と作品に関心のあるすべての人が自由に
 平等に交流でき、また利用できる開かれた《広場》」にしたいと謳っているとおり、多くの方々のお力とご賛同、そして
 そのご参加によって維持されてきています。総会や主たるセミナーは花巻市の宮沢賢治イーハトーブ館を会場として
 開かれることが多いのですが、上記の趣旨に照らすとき、その会場が全国各地に設けられることはごく自然なことと
 言えるでしょう。そうした観点から、「地方」で開催するセミナーに関する要綱を設け、提案いたします。

 宮沢賢治学会イーハトーブセンター地方セミナー開催要項

 上記リンクからダウンロードしてご確認ください。
近年に開催した地方セミナー一覧

年度 テーマ 期日 会場 内容
2015年度 地方セミナー・弘前「宮沢賢治と津軽in弘前」 1日目 2015年8月29日(土)
2日目 2015年8月30日(日)
弘前パークホテル(青森県弘前市)等 バスツアー・DVD上映・講演・朗読
2014年度 京都セミナー2014《宮沢賢治-修羅の誕生-》 2014年4月20日(日) 京都造形芸術大学 講演・朗読
2013年度 宮澤賢治ワールドin苫小牧「牛があおんでゐる。Mooooo!」 1日目 2014年5月24日(土)
2日目 2014年5月25日(日)
苫小牧市民会館 講演・賢治ウォーク
地方セミナー・松戸「鉄とひと 物ざねが交響する場」 2013年6月21日 松戸市民劇場 講演・座談・朗読劇

 
 
  上向き矢印  このページのトップへ